施工事例

誘導灯・特定小規模用火災警報器の取付

ビル・不動産管理ビル管理者の方消防設備

 

鹿児島市自由ヶ丘 2階建て戸建て

用途 (6)項ハ (5) 短期入所を行う施設

住宅における特定小規模用火災警報器、誘導灯、および階段誘導灯の施行事例です。

場所:鹿児島市自由ヶ丘の2階建て戸建て住宅

施行内容:
1. 特定小規模用火災警報器の取り付け:
– 各階の共用スペースや個室に特定小規模用火災警報器を設置しました。
– 火災の発生を煙や熱を感知するセンサーで検知し、警報音と点滅するランプで住民に警告を発します。
– 警報器は各部屋と連動して火災をお知らせます。

2. 誘導灯の取り付け:
– 各階の廊下や共用スペースに明るく目立つ誘導灯を設置しました。
– 誘導灯は点灯しており、住民に避難経路を明確に示します。
– 停電時に備えて、バッテリーバックアップシステムを搭載しています。

3. 階段誘導灯の取り付け:

– 階段の段差や昇降口に明るく点灯するLEDライトが配置され、視認性を高めます。
– 停電時にはバッテリーで点灯することで階段の存在と方向を強調し、避難の安全性を向上させます。

機能と運用:
– 特定小規模用火災警報器は早期の火災検知と住民への警告を行い、安全な避難を促進します。
– 誘導灯は避難経路を明確に示し、停電時でもバッテリーバックアップで点灯し続けます。
– 階段誘導灯は階段の存在と方向を明示し、緊急時の避難を支援します。

結果:

– 特定小規模用火災警報器、誘導灯、および階段誘導灯の取り付けにより、鹿児島市自由ヶ丘の2階建て戸建て住宅の安全性が向上しました。

– 住民は火災発生時に早期警告を受け、適切な避難行動を取ることができます。
– 誘導灯と階段誘導灯により、避難経路が明確に示され、緊急時の避難が円滑に行われます。

以上が、鹿児島市自由ヶ丘の2階建て戸建て住宅における特定小規模用火災警報器、誘導灯、および階段誘導灯の施行事例です。

これらの設備の導入により、住民の安全性が確保され、緊急時の避難や火災対策が効果的に行われることが期待されます。